横山杯について

北は北海道、南は九州まで全国50校120チーム以上、総勢約2000人のプレーヤが参加するユース世代でも有数の大会です。
毎年使用するグラウンド面数は25面以上を超え、5日間かけ大会を行います。
・横山杯の由来
スポーツマネジメント株式会社の創設者である故・横山周一氏の「アマチュアサッカーの競技環境の整備を推進、競技力の向上、底辺の拡大と普及」という思いを受け継ぎ、志半ばに倒れた氏の姓である”横山”を冠としております。
・横山杯の特徴
拮抗したレベルでのゲームを提供するために、1stディヴィジョン(トップ)、1stディヴィジョン(サテライト)、2ndディヴィジョン、3rdディヴィジョンと4つのカテゴリを設けました。さらに1stカテゴリは、県ベスト4(一部はベスト8)以上という高い条件を設定し、「公募」では無く「ご招待」させて頂くことでハイレベルな環境を提供しております。
これまでに選手権、インターハイ出場校や各地の名門校に多数ご参加頂き、そのレベルの高さから一部では裏の選手権とも呼ばれています。
・スポーツマネジメントとしてのあり方
FCバルセロナの掲げるスローガン『mes que un club』は、『クラブ以上の存在』という意味を表します。我々スポーツマネジメントも単なる利益追求の業者ではなく、業者という概念を超え、この国の サッカー界において価値のある『業者以上の存在』であり続けたいと考えております。

概要

大会名 横山杯 第17回全国ユース招待サッカー大会
主催 全国ユース招待サッカー大会実行委員会
後援 神栖市・神栖市教育委員会・神栖市観光協会
協賛 神栖市商工会
JAしおさい波崎青販部
学校法人滋慶学園 東京スポーツレクリエーション専門学校
株式会社 ユナイテッドフォトプレス
株式会社 ユーロプラスインターナショナル
協力 波崎旅館業協同組合
株式会社 講談社 『ゲキサカ』
企画・運営 スポーツマネジメント株式会社
期日 2016年12月25日(日)~29日(木)
会場 茨城県神栖市「サッカータウン波崎」
神栖市矢田部サッカー場
若松運動場
その他
参加条件
1st Division
①各都道府県の選手権・総体ベスト4以上(埼玉・東京・千葉・神奈川・静岡・大阪はベスト8)
②日本ユースクラブ選手権、北海道を除く各地域プリンスリーグ出場、Jユースカップ全国大会出場
1st Division
(サテライト)
①各都道府県の選手権・総体ベスト8以上(埼玉・東京・千葉・神奈川・静岡・大阪はベスト16)
②1st(トップ)出場資格チームで、部員が60名(1,2年制のみ)を超えるセカンドチーム
2nd Division ①1st参加資格チーム以外のトップチーム
②1st参加資格チームのセカンドチーム
3rd Division 上記以外のチーム
△top△